*

体をどう動かしてラケットワークを作るか

公開日: : はやとベアー, テニス理論






テニス ブログランキングへ
こんにちは!未だに風邪が治らず鼻声の はやとベアーです。
試合から一度も練習できてないです(;´Д`)

本日のまとめ

  • 課題は「再現性」
  • ブレ幅が大きい
  • コアの動き→ラケットワーク

 

課題は「再現性」

前回の更新で今の課題について書きました。
いかに手先ではなく体を使って打つか…
欲しいラケットワークの動き方というか、軌道が分かって来たことで、ここに行き着きました。
今まではラケットワークを手先で無理やり作っている状況。
問題は一言で言うと、「再現性」がない。

 

ブレ幅が大きい

再現性がないので、パワーも成功率もバラバラ。
手先でやってる分コントロールはある程度あるけど、ブレ幅があるので入らないことも結構あったり。
ラケットワークの大筋が正しくても、それが武器にならないんです。

 

コアの動き→ラケットワーク

よりコアに近い部分は「土台」です。
これがしっかりしてないと、ぼくの中のイメージで言うと、回る椅子に立ってボールを打つような感じ。
しかもキャスター付き(笑)
当然、動きがバラバラになりますよね。
この「土台」が同じ状態だと、そっから先の動きも少なからず一定のブレ幅に収まるはず…つまり再現性が高くなるんですよね!

今後はしばらく…
「コアの動き 」➡「ラケットワーク」
の流れをもう一度考えて、フォーカスポイントとして、まとめてみようと思います。

 

▼関連記事

試合に出たものの…ハスキーボイスに


試合前日だけど…スーパーマリオ


何でも2重に見えちゃう


テニス ブログランキングへ


336×280レクタングル(大)

関連記事

336×280レクタングル(大)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑