*

やっぱりラケットが仕事しなといけないようです。

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 テニス理論


image


テニス ブログランキングへ

 

こんばんは!やっとじん麻疹が治まってきたはやとベアーです。

 

だーしぇん、今月は地元新聞社主催の県レベルの大会があります。

とは言えこの県にとってはビッグタイトル!

今年こそは絶対取りたいタイトルの一つです。

 

ラケットが走る

 

状況はやっとフォアが良くなり始めました。

バッグの安定性がイマイチだったのですが、それも回復傾向です。

最終的にはやっぱりラケットが走らないとダメみたいです。

 

ラケットは当然手首から先にあるので、そこを走らせる。

では走らせるとは何でしょうか?

ぼくのなかでは「ラケットに遠心力で動いてもらうこと」だと思っています。

ラケットに仕事をさせろとはうまく言ったものです。

 

 

遠心力で動いてもらうためには?

 

遠心力で動いてもらうには、自分で動かしたらダメです。

あくまで「動いてもらう」ことが大事。

ってことは手首はブラブラしてないといけません。

 

タオルを持って素振りすると分かりやすいです。

タオルはふにゃふにゃなのでラケットよりも動かしにくいけど、

早く動いてもらうにはどうしたらいいか理解しやすいです。

 

最後に分かりやすい動画をどうぞ!

 



テニス ブログランキングへ


336×280レクタングル(大)

336×280レクタングル(大)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑